水質分析関連に関するコラム

HOME >> 水質分析関連に関するコラム >> プール水(水質基準値一覧表)

プール水(水質基準値一覧表)

 嵳訓僕僖廖璽襪留卆鹸霆燹廖文生労働省)

 検査項目                    基準値                 分析頻度
1.一般細菌                    200CFU/mℓ以下           毎月1回以上
2.大腸菌                     検出されないこと            毎月1回以上
3.有機物(過マンガン酸カリウム消費量)  12mg/ℓ以下               毎月1回以上
4.水素イオン濃度(pH)             5.8以上8.6以下            毎月1回以上
5.濁度                       2度以下                 毎月1回以上
6.遊離残留塩素                0.4mg/ℓ以上(1.0mg/ℓが望ましい) 少なくとも毎日午前中1回以上及び午後2回以上
                                               (このうち1回は、遊泳者のピーク時に測定することが望ま
                                                しい)
7.総トリハロメタン               概ね0.2mg/ℓ以下が望ましい     毎年1回以上(通年営業又は夏季営業のプールにあって
                                                は6月から9月までの時期、それ以外の時期に営業する
                                                プールにあっては水温が高めの時期に行うこと)
8.レジオネラ属菌               検出されないこと           気泡浴槽(ジャグジー)、採暖槽の設備その他のエアロゾ
                                                ルを発生させやすい設備又は、水温が比較的高めの設
                                                備がある場合は、検査を年1回以上

◆岾惺惨超衛生の基準」(文部科学省)

 検査項目                   基準値                 分析頻度
1.一般細菌                   1mℓ中200コロニー以下     使用日数の積算が30日を超えない範囲で少なくとも1回行う  
2.大腸菌                    検出されないこと          使用日数の積算が30日を超えない範囲で少なくとも1回行う
3.有機物(過マンガン酸カリウム消費量) 12mg/ℓ以下            使用日数の積算が30日を超えない範囲で少なくとも1回行う
4.水素イオン濃度(pH)            5.8以上8.6以下          使用日数の積算が30日を超えない範囲で少なくとも1回行う
5.濁度                      2度以下              使用日数の積算が30日を超えない範囲で少なくとも1回行う
6.遊離残留塩素              0.4mg/ℓ以上(1.0mg/ℓが望ましい)使用日数の積算が30日を超えない範囲で少なくとも1回行う
7.総トリハロメタン               0.2mg/ℓ以下が望ましい     使用期間中に1回以上、適切な時期に行う

  << Prev   Next >>


一覧に戻る

▲ページのトップに戻る

一般のご家庭でも使用できる製品 流し・トイレ・浴槽などの配水管の粘りや臭気発生を解決! 配水管洗浄剤ジョーカルLP-Sの詳細はこちら
日本滌化化学コラム

水の事、洗浄剤のこと・・・日本滌化化学のサービスを介してもっと知ってください!サービスを受ける際に役立つ情報も満載!

水質分析関連に関するコラム
清掃・洗浄剤に関するコラム
製品ご利用者様の声

日本滌化化学の製品利用者様からお喜びの声をいただいております!使用例の参考にも是非ご覧ください!